2016年12月09日

JavaScriptで円グラフを修正する

DTP作業者にとっての難易度 ★☆☆☆☆(1)

※2016.12.12.04:30頃にサンプルデータを更新しました(レイヤー名の変更、レイヤーの統合などにも対応しました。ただし修正後、円グラフの扇形オブジェクト群は同レイヤー内の最背面にレイアウトされます)。

※2016.12.12.23:00頃と12.13.02:20頃にサンプルデータを更新しました(スウォッチ名が変更されていても動くようにしました)。

※2016.12.14.07:20頃にサンプルデータを更新しました(他のpageItemが存在しても動くようにしました)。


『JavaScriptでInDesign上に円グラフを描く』で、テキストファイルからデータを読み込んで円グラフを作成するJavaScriptをご覧いただきました。これに対して「既に作ったものを改めて修正までできるのでしょうか?」というコメントをいただいたので、今回は挑戦してみました。コメントをくださったUske_Sさん、ありがとうございます。

※今回の円グラフ修正用JavaScriptを使うためには、円グラフを作成する段階で前回のJavaScriptの最新版をお使いいただく必要があります。『JavaScriptでInDesign上に円グラフを描く』から入手してご使用ください。



1208.png


今回も使い方は簡単です。では、動画をご覧ください。

※最新のサンプルデータはレイヤー名の変更、レイヤー数の変更、スウォッチ名の変更にも対応しています。





注意点としては

●項目は修正前と同じ順になります。

レイヤー名「graph」「text」が変更されている場合、
 これらのレイヤーが削除されている場合は動きません。

JavaScriptで作成されたテキストフレームが「text」レイヤー以外に、
 円グラフのパーツが「graph」レイヤー以外に移動されていると動きません。

スウォッチ名(「gColor1」など)を変更していると動きません。


その他、状況によりうまく動かないケースがあるかもしれません。その際は何とぞご容赦ください。コメントをいただけましたら私で分かる範囲で修正いたします(自信はありませんが)。
2016.12.14.07:20頃更新版サンプルデータはこちら《minimum20161214c.zip》です。
posted by 照山裕爾 at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign-その他の機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

JavaScriptでInDesign上に円グラフを描く

DTP作業者にとっての難易度 ★☆☆☆☆(1)

※2016.12.7の14:30頃、サンプルデータを更新しました(スウォッチ名が「gColor1」などとなるよう修正)。

※2016.12.7の16:40頃、サンプルデータを更新しました(段落スタイルを作成・適用するように修正)。

※2016.12.8の15:30頃、サンプルデータを更新しました(レイヤーを分ける、nameプロパティを設定、線色なし、など)。

※2016.12.8の20:40頃、サンプルデータを更新しました(スウォッチ名など)。


今まで私は円グラフをIllustratorで作成してきました。しかし「InDesignで作図すれば正確に寸法をコントロールできるのではないか」と考え、今回ためしてみることにしました。実務に耐えうるものかどうか自信はありませんが、機会があればお試しいただければ幸いです。

2016-1206.png

使い方は簡単です。用意するのは「項目名」と「数値(パーセンテージ)」を入力したテキストファイルだけです(項目名と数値の間はタブで区切ります)。
JavaScriptを実行した上でテキストファイルを選択し、円グラフの直径を数値指定すると新規ドキュメントが作成され、そこに円グラフが描かれます。詳細は動画をご覧ください。


動画内で触れていますが、複数のパーツに分けて作業をしていたので変数がごちゃごちゃになっています。整理することも考えたのですが、かえって混乱するのではないかと思い、今回はそのままにしています。ご容赦ください。
2016.12.8の20:40頃更新版・サンプルデータはこちら《minimum_2016_1208-A2.zip》です。

※今回の方法で作成した円グラフを修正するJavaScriptについては『JavaScriptで円グラフを修正する』を参照ください。

posted by 照山裕爾 at 05:30| Comment(4) | TrackBack(0) | InDesign-その他の機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

文字スタイル部分・下線部分などを索引化する

DTP作業者にとっての難易度 ★★☆☆☆(2)

以前『[ ]で囲まれた部分を索引化する』でブラケット(角括弧)で囲まれた部分を索引化するJavaScriptなどを紹介しました。今回は、文字スタイルを摘要した箇所などを索引化する方法をテストしましたので、ここでご紹介します。

※2016.11.16の20時40分頃に再度サンプルデータを差し替えました(2017.11.17に更新)。

※2016.11.18、2016.11.23、2017.3.23、2017.4.14にサンプルデータを差し替えました。


1114c.png

今回のJavaScriptでは「findGrep()」という機能(メソッドというのでしょうか)を使用しています。これはInDesignの「正規表現検索」機能のことです。ですから少しJavaScriptを書き換えるだけで文字スタイルが適用された箇所だけでなく、ブラケットで挟まれた箇所も、下線や打ち消し線が設定された箇所も検索することができます。まずは動画をご覧ください。

※使い慣れない内臓マイクを使用したため一部の音がこもってしまいました。すみません。

※この作業では索引マーカーを使用しないので、索引マーカー挿入による体裁の崩れ(INDDでもお話ししたFEFFが体裁を崩すこととも関連があると思います)も回避することができます。



リスト書き出し後、ExcelやJeditで作業をしなければならないのが少し面倒ですが、リスト書き出しそのものは思っていたより短時間で済むようです。

※2016.11.16/動画内で触れている「^G」についてはJavaScript内で削除するよう書き替えました。これに伴い、Jedit Xの複数置換テーブルも差し替えました(「^G」を削除する行が不要になったため)。

※2016.11.16の20時40分頃に再度サンプルデータを差し替えました(圏点、条件テキストにも対応しました)。

※2016.11.17にサンプルデータを更新しました(半角スペースが削除される問題を解消)。

※2016.11.18にサンプルデータを更新しました(特殊文字が含まれる場合にテキストが適切に保存されない問題に対応)。

※2016.11.23にサンプルデータを更新しました。

※2017.3.23にサンプルデータを更新しました。

※2017.4.14にサンプルデータを更新しました。


以前も書いたように、私は普段、こういった作業のために株式会社エル・シー・エスの「InDex Plug-in」(有料)を使用しています(こちらは読み仮名もつけてくれます)。しばらくはこのプラグインと今回のJavaScriptを併用しながら、実務に使えるものかどうか試していこうと思っています。

毎度のことですが、たどたどしいJavaScriptなので、お試しになる際はよくテストをされるようお願いします。何かの叩き台にでもなると嬉しいです。
2017.4.14サンプルデータはこちら《2017_0414b_minimum.zip》です。
posted by 照山裕爾 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign-その他の機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする