2020年12月02日

InDesignの表組み・行と列を入れ替える

DTP作業者にとっての難易度 ★☆☆☆☆(1)

※2020.12.2の17時頃:サンプルデータを更新しました(ヘッダー、フッターがない場合に1つめのスクリプトが止まるのを修正しました)。また「■使用にあたっての注意点」を追記しました。


先日、Twitterで「InDesignの表組みで行と列を入れ替えることとができないか」ということが話題になりました。以前拙ブログに書いた『Excel上でセル結合された表組みをInDesignに反映する』を応用すればできるのではないかと思い、スクリプトを書いてみました。

用意したスクリプトは以下の3種類です。

1つ目は「結合されたセル群をバラバラにするスクリプト」。バラバラにすることで空のセルが発生しますが、後で結合できるよう『⊂』『∩』という記号を入力します(その前にヘッダー、フッターのセルは通常セルに変換します)。

2つ目は「行と列を入れ替えるスクリプト」。

3つ目は「『⊂』『∩』のセル群を結合するスクリプト」(以前のブログで作成したもの)です。

作業は3つのスクリプトを順番に実行するだけ。とても簡単です。
以下の動画をご覧ください

実行前には1つ以上のセルを選択しておく必要があります。
想定外の結果になる可能性もあります。必ずバックアップをとった上でお試しください。

■使用にあたっての注意点

2つ目のスクリプトでは行と列を入れ替えるために文字数の多いセルが幅の狭いセルにペーストされることがあります。場合によってはセルの高さがフレームの高さを超えてしまい、それ以降の行が表示不可能になる可能性が考えられます(下図では収まっていますが、文字数がもっと多い場合やフレームの高さがもっと低い場合は表示できなくなります)。
2020_1202e.png

これを防ぐには、あらかじめ全セルに対して「表 > セルの属性 > 行と列の設定」の「行の高さ」の「最大限度」をフレームの高さ以下の値にしておくといいでしょう。2020_1202h.png


※2020.12.2の17時頃:サンプルデータを更新しました(ヘッダー、フッターがない場合に1つめのスクリプトが止まるのを修正しました)

サンプルデータはこちら《2020_1202a.zip》です。
posted by 照山裕爾 at 01:49| Comment(2) | InDesign-書式・スタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月25日

新書の体裁をInDesignで再現する

DTP作業者にとっての難易度 ★★☆☆☆(2)

以前、松本タイポグラフィ研究会(http://matsumototypography.jpn.org/)主催のセミナー翌日の懇親会(自主的なもの)で「こういう新書の体裁(下の動画のサムネイルを参照)をInDesignで再現できないものか」ということが話題になりました。

見出しを本文とは別フレームで作成すれば簡単なのですが、それでは本文と見出しが同一ストーリーになりません。後でテキストを抽出する可能性などを考えると、できれば同一ストーリーの状態でこの体裁を実現したいものです。今回は、その方法(あくまでも私の案です)をご紹介します。

動画内でも触れていますが以下が主なポイントです。

【見出し】

@行送りの基準位置を「仮想ボディの上/右」とする
A行送り値を0にする
Bベースラインシフトで行位置を調整する
(2行の場合は正規表現スタイルで各行を個別に調整)
C入力時は別の段落スタイルを使用(本文行と重ならないもの)

【本文】

@段落行頭に全角スペースを入力してドロップキャップ対象とする
A縦方向の寸法は文字スタイルで変更する

なお、今回は書店で下の書籍を購入し、できるだけ近い体裁になるよう作業しました(100刷到達の本だそうです。すごいですね)。
2020-1124a.png

サンプルデータはこちら《sinsho_2020_1124a.zip》です。
posted by 照山裕爾 at 04:24| Comment(6) | InDesign-書式・スタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月18日

Glyphsによる記号フォント作成(+DESIGNING vol.50の補足)

DTP作業者にとっての難易度 ★★☆☆☆(2)

9月に発売された『+DESIGNING』vol.50に「フォントがないなら……作ってみよう! Glyphs入門」という4ページの記事を書かせていただきました。
1117-002.jpg

簡単な記号フォント作成を通じてGlyphsに触れて頂きたいと考えたものですが、スペースの都合上、十分に説明しきれない点もありました。ここでは動画とサンプルデータで補足したいと思います。

箇条書きの記号用のフォントを作る

動画ではGlyphsの基本的な設定についても解説しています。

箇条書きの自動番号用のフォントを作る

2種類の数字フォントを作成しています。

文章中の長めのマークを作成する

InDesignの設定についてもご確認ください。

合字(rlig)で2桁数字用のフォントを作る

グリフを用意するのは大変ですがOpenTypeフィーチャーのコードは自動で生成することができます。

前後関係に依存する字形(calt)で2桁数字用のフォントを作る

少ないグリフで2桁数字を表現するのならcaltが便利です。

複数の色を使ったマークをフォントで表現する

位置をずらしたパスの作成方法についても説明しています。

サンプルデータはこちら《sample_data_20201117a.zip》です。
posted by 照山裕爾 at 01:06| Comment(0) | InDesign-書式・スタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする