2018年03月27日

InDesign上の表組みを上下に2分割するスクリプト

DTP作業者にとっての難易度 ★☆☆☆☆(1)

【2018.4.5にサンプルデータを追加しました(15時に更に修正)】

InDesign上の表組みを上下に2分割するスクリプトを書いてみました。使い方は「上側の行(またはセル)を選択→スクリプトを実行」と、とても簡単です。ヘッダやフッタが存在しても動作します。では動画をご覧ください。

短いスクリプトですが、表組みを扱う際に覚えておきたい内容がいくつも含まれています。自分で覚えておくためにも今回ブログにアップしておくことにしました。

[メモ]今回勉強して分かったこと

・cellのparentはtable、tableのparentはtextframe。
・storyをつかまえたい時はtextframeのparentStoryで。
・tableが挿入されている位置はstoryOffset.indexで取得できる。
・tableをペーストする位置はinsertionPoints[index]で指定する。
サンプルデータはこちら《split_table_0326c.zip》です。

サンプルデータを追加しました(2018.4.5・15時)

クリップボードを使わずduplicateで表を複製するように書き換えたものです。
使用方法は先に公開したものと同じです。
サンプルデータ(2018.4.5・15時追加分)はこちら《split_table_dupPara_0405b.zip》です。
posted by 照山裕爾 at 02:22| Comment(5) | InDesign-その他の機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クリップボード汚染しないようにduplicateでナントカしてあるとさらに便利かなーと思いました。
Posted by 流星光輝 at 2018年03月27日 19:22
ありがとうございます。
そういう配慮も大切ですね。
後ほど調べて(私にできるようであれば)対応したいと思います。
Posted by 照山裕爾 at 2018年03月28日 11:54
ようやくduplicate版を追加しました。
tableは、そのままではduplicateできないんですね。
Posted by 照山裕爾 at 2018年04月05日 14:11
改修どうもありがとうございます。
手元のスクリプト(同じ機能のスクリプトを会社で開発して持っていました…w 2年前)で確認したところ、
paragraphsでduplicateして不要なrowを捨てていたみたいでした。(1年以上前のコードだと、作った当時の記憶はなくなってしまうw)
Posted by 流星光輝 at 2018年04月05日 14:34
duplicateはテキストフレームや図形にしか効かないものと勘違いしておりました。ありがとうございます。スッキリしました。
Posted by 照山裕爾 at 2018年04月05日 15:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]