2016年12月25日

JavaScriptでファイルをリネームする

DTP作業者にとっての難易度 ★☆☆☆☆(1)

※2019.06.11/サンプルデータを更新しました(スクリプト「D-複製してテキストファイルでリネーム」を修正/元ファイル名が和文の場合にエラーが発生する問題に対応)。

※2019.12.30/サンプルデータを追加しました(APFSフォーマット環境で正しく処理できない問題に対応)。

※2021.4.27/別ページでAPFSフォーマット環境でも使用できる新しいリネームスクリプトを公開しました(「スクリプトでファイルをリネームする・改」をご覧ください)。


複数ページを持つPDFファイルを1ページ単位に分割するとファイル名に「1」から始まる連番が振られます(「1」「2」……「9」「10」「11」……「99」「100」「101」……のように連番が振られます)。このように桁数が揃っていないままShupapanなどでリネーム(ファイル名を変更)をおこなうと「1」の次に「10」、その次に「100」のファイルが処理されてしまうのが悩みの種でした。この問題を回避するため、私はmuCommanderというソフトを使って桁数を揃えていたのですが、いつまでも2つのソフトに頼っていられるかどうか不安だったのでJavaScriptで処理できるかどうか試してみました。
では、動画をご覧ください。

元フォルダおよび元ファイル群は書き換えたりしないようにしました。が、何かトラブルがあっても責任は負えませんので慎重にお使いいただけるようお願いします。
サンプルデータ(2019.06.11更新)はこちら《minimum-20190611a.zip》です。

●2019.12.30追加/APFSフォーマット環境で正しく処理できない問題に対応しました(AとDのみ)。

サンプルデータ(2019.12.30追加)はこちら《minimum-20191230a.zip》です。

※2016.12.26追記/macOS Sierraでは「名前を変更...」で「フォーマット」→「名前とカウンタ」を選択すると桁数が揃えられるようです(OS X 10.10 Yosemiteからの機能/ただし元の番号がとびとびになっていても連番がふられるようです)。

1225c.gif


posted by 照山裕爾 at 03:36| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。