2016年05月06日

Wordの蛍光ペン(マーカ)部分をInDesignの文字スタイルに反映する

DTP作業者にとっての難易度 ★★☆☆☆(2)

★2016.5.9にサンプルデータを大きく改良しました(蛍光ペン部分→文字色のマクロに加え、蛍光ペン部分→タグ付加のマクロを追加)。動画も追加しています。

※2016.5.24にサンプルデータを更新しました。

※2016.6.8にサンプルデータを更新しました。


仕事の中で、複数の色の蛍光ペン(マーカ)で指示が施されているWord原稿に時々出会います(この色の部分はゴシック、この色の部分は下線にしてほしい……など)。しかしWordの検索機能では蛍光ペンの存在は把握できますが、その色の違いまでを見分けることはできません。
そこで今回はマクロ(VBA)を使って蛍光ペン部分をそれぞれ異なる色の文字に変更することを考えました。
050510.png

この処理ができてしまえば、あとは以前「Wordの色文字部分にInDesignの文字スタイルを適用する」でご紹介した方法を使ってInDesign上で文字スタイルを適用できるわけです。
050520.png

Webをいろいろと検索したところ「ぐりにたんく」というブログにベースとして使えそうなVBAサンプルを見つけました。書き換えについてはものかのさんすびさんにご教示いただきました。では、どのようなものができたか動画をご覧ください。
マクロでは色名を「wdPink」などと表記しています。これらの色名についてはhttp://e-yan.net/?p=713が分かりやすく整理されています。

(2016.5.9追記)蛍光ペン部分にタグを付加する

Wordのdocxファイルやrtfファイルではなくプレーンテキストを使用する方のために、蛍光ペン部分を《ピンク→》○○○《←ピンク》などのタグで挟むマクロも追加作成しました(ものかのさんに全面的にご指導いただきました。ありがとうございました)。以下、動画をご覧ください。

マクロについてはまったく知識がなく書き方が適切でない部分もあるかもしれません。改善案などありましたら、ぜひご教示ください。

◆蛍光ペンを色別に処理する方法は「ぐりにたんく」さんのVBAを使わせていただきました。
 http://d.hatena.ne.jp/gurinita/20090117/1232164205
◆Wordにおける色名についてはこちらを拝見しました。
 http://e-yan.net/?p=713
◆VBAの書き換えについてはものかのさんすびさんに教えていただきました。
皆さま、ありがとうございました。

※2016.6.8にサンプルデータを更新しました(コメントが存在するとマクロが止まるためコメントを削除する手順を加えました)。

サンプルデータはこちら(2016/6/8更新)《minimum_2016_0608b.zip》です。
posted by 照山裕爾 at 03:03| Comment(0) | TrackBack(0) | テキストデータ・Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック