2015年04月27日

ノンブルの表示を変更するフォント

DTP作業者にとっての難易度 ★☆☆☆☆(1)

InDesignには自動でノンブルをふる機能があります。ただし見開きでは「数字の少ないほう(左綴じなら左側)のノンブルが偶数、多いほうのノンブルが奇数」になります。InDesignの機能を少し強引に使って変更することはできますが、後でページの追加・削除・移動がある場合は面倒なことになります。今回は、そんな問題を解決する方法を考えてみました(下図の状態を実現します)。
0626d.png

その方法とは「実際の数字よりも常に1だけ少なく表示されるフォント」を作り、それをノンブル部分に適用することです。以下の動画をご覧になってください。

作成したフォントのデータとGlyphsのデータはサンプルデータに入っています。デザインを変更したい場合は茶色い部分の10個のグリフだけを変更していただければ結構です。

※動画内では触れていませんでしたが、これをInDesignで使うには「OpenType機能」の「前後関係に依存する字形」がオンになっている必要があります。デフォルトの段落スタイル「基本段落」では、これがオンになっています。



今回のフォントを使う場面は、他には思いつきませんでした。もしも活用場面を見つけた方は教えていただければ幸いです。

※【2015.4.28追記】Glyphsデータおよびフォントファイルの更新版をアップしました。フィーチャーも以前のものとは変わっています。解説PDFも入れましたので、詳しくはそちらをご覧ください。

2015.4.28版のサンプルデータはこちら《LessNum2.zip》です。
初回(2015.4.26)のサンプルデータはこちら《2015_0426_minimum3.zip》です。


サンプルデータ内のフォントの使用については以下のように考えています。
【改変】可 【再配布・複製】可 【商用利用】可 【利用報告】必要なし

※不具合などについては保証いたしかねます。

posted by 照山裕爾 at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Glyphs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/417998613

この記事へのトラックバック