2013年05月18日

正規表現による検索/置換で段落スタイルを指定する

DTP作業者にとっての難易度 ★★☆☆☆(2)

《Microsoft Wordの段落スタイルをInDesignに反映する》では、Microsoft Wordで段落スタイルを設定しておくとInDesignの段落スタイルに反映できることをご紹介しました。
しかし作業環境によっては、編集者がテキストデータに段落スタイルを適用できないこともあります(たとえばテキストエディタを使用している場合など)。このような場合に便利な方法をご紹介したいと思います。

たとえばテキストデータでは大見出しにしたい段落の行頭に「◎」、小見出しにしたい段落の行頭に「■」を入力しておき、これをInDesignに読み込みます(下図・左)。正規表現による検索/置換で、これらの記号を削除すると同時に段落スタイルを適用し、下図・右の状態にすることができます。

0518-003.png


このためには、下図のように設定をおこないます(大見出しの例)。

0518-001.png

『検索文字列』の「^◎」は段落行頭「^」の直後が「◎」であること、という条件を示しています。
「(.+)」のうち「.」は任意の1文字という意味、「+」は1回以上の繰り返しという意味です。「なんらかの文字が1文字以上存在すること」というふうに考えていただければ結構です。半角括弧で囲んでいるのは、後ほど置換する時に使用するためです。

『置換文字列』は「$1」となっています。これは《特定の言い回しの部分だけを置換する……正規表現による置換》でもご説明したように『検索文字列』内の1つめの半角括弧で囲まれた部分をそのまま使用する、という意味です。今回は検索した文字列のうち「◎」を除く部分ということになります。

さらに『置換形式』欄では、適用したい段落スタイルを設定して『すべて置換』を実行します。



段落行頭に入力しておく記号は何でも構いませんが、本文中で使用する可能性の少ない記号を選ぶべきでしょう。


posted by 照山裕爾 at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign-検索/置換 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。