2017年02月10日

JavaScriptでInDesign上に集合棒グラフを描く

DTP作業者にとっての難易度 ★☆☆☆☆(1)

先に書いた『JavaScriptでInDesign上に円グラフを描く』『JavaScriptでInDesign上に折れ線グラフを描く』『JavaScriptでInDesign上に積み上げ棒グラフを描く』に続いて集合棒グラフを作成してみました。

2017-0210a.png

使い方は基本的に前回の積み上げ棒グラフと同様です。
なお「【2】最小目盛り」の値を「0」以外にした場合、最小値はY軸の途中(原点の10mm上)に表示されます。また、原点と最小値の間に波線が発生します。

※波線のIllustratorファイル「nami.ai」はテキストファイルと同じ階層に置いておく必要があります。



何か使えそうな場面がありましたらお試しください。

※毎度のことですが、自己責任で慎重にお使いください。


サンプルデータはこちら《minimum_2017_0210b.zip》です。
posted by 照山裕爾 at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign-その他の機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

JavaScriptでInDesign上に積み上げ棒グラフを描く

DTP作業者にとっての難易度 ★☆☆☆☆(1)

先に書いた『JavaScriptでInDesign上に円グラフを描く』『JavaScriptでInDesign上に折れ線グラフを描く』に続いて、今回は積み上げ棒グラフを作成してみました。

0207a.png

テキストデータの下の行から処理するために2次元配列というものを使う必要があり、思った以上に難航しましたが何とか形にすることができました。
使い方は前回の折れ線グラフと同様です。

※最小値はゼロに固定しました。



何か使えそうな場面がありましたらお試しください。

※毎度のことですが、自分で使うために作っており品質には自信がありません。自己責任でお使いください。


サンプルデータはこちら《minimum_2017_0207a.zip》です。
posted by 照山裕爾 at 04:05| Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign-書式・スタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

必要なページを抜き出してまとめるJavaScript

DTP作業者にとっての難易度 ★☆☆☆☆(1)

データ結合で作成した複数ページのうち必要なものだけを抜き出してまとめることはできないか……と考えていたところ、たけうととおるさんの「ページを移動」という記事に辿り着きました。ここで紹介されているJavaScriptをベースにすればリストに従ってページを別ドキュメントにまとめることができるのではないかと考え、試してみました。

用意するものは【A】元となるInDesignドキュメント(各ページにコードを配置)、【B】抽出リスト(抽出するページのコードを記したテキストファイル)、そして【C】移動先となるInDesignドキュメント(1ページのみで構成されたもの)です。

【C】を表示してJavaScriptを実行し、元となるInDesignドキュメント【A】と抽出リスト【B】を指定することで【A】からページが抽出されて【C】に複製されます。

※このJavaScriptでは【B】のリストに書かれている文字列を検索することで対象ページを特定します。したがって【B】には必ずしも「a001」のようなコードを書く必要はなく、会社名や商品名などを書いても構いません。


サンプルデータはこちら《minimum_2017_0201.zip》です。
posted by 照山裕爾 at 04:57| Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign-その他の機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする